ガチ検証!wenクレンジングコンディショナーの口コミ・成分解析!

wenクレンジングコンディショナー

Wenクレンジングコンディショナーはコンディショナーと名前にありますが、実は新ジャンルであるクリームシャンプーです。しかも、wenクレンジングコンディショナーは、どんな毛質でもしっかり保湿で輝く髪になると圧倒的な人気を得ているようです。ですが、その効果は本当なのでしょうか?人気のwenクレンジングコンディショナーの口コミと成分を解析してみたいと思います。wenクレンジングコンディショナーを購入しようと思っている人、クリームシャンプーが気になる人は必見です!購入前に、ぜひ読んでいただき参考にしてください。

 

 

wenクレンジングコンディショナー|口コミ・評判をチェック!

さっそく、wenクレンジングコンディショナーを実際使用したという方たちの口コミを見ていきたいと思います。いったいどういう評価を下しているんでしょうか。気になります。

 

 

 

口コミ1

 

40代 女性 会社員
3.5
使用感が気に入っています。使用後は髪が柔らかくふんわりとした状態になります。また、香りもしつこくないので、1年通して使用しても問題ありません。ただ、値段が高いので、このまま値段が変わらなければ使い続けたいと思います。

 


 

 

口コミ2

 

30代 女性 主婦
3
泡立てずに塗るだけなので楽なのですが、髪の毛が多いのでちゃんと地肌まで行き渡っているのか分からず、地肌がちゃんと洗えていないんじゃないかと不安です。ザクロを使用していますが、香りは優しい香りで気に入っています。


 

 

口コミ2

 

40代 女性 主婦
4
ラベンダーを使用していますが、最初は香りになじめず苦労しましたが、今ではさわやかなラベンダーの香りが気に入っています。洗いあがりは清涼感があり、髪がサラサラして、手ぐしだけでも問題ありません。マッサージしながら行き渡せるのもいいですし、今では他のシャプーに戻れません。


 

 

口コミ3

 

40代 女性 会社員
2.5
香りはとてもよいが、wenのシャンプーを使用すると白髪染めがはがれてしまうようで、白髪が目立って困ります。それに金額も高いので、もうリピートはしません。白髪染めやカラーリングをしていない人向けだと思います。


 

 

口コミ4

 

20代 女性 会社員
3
テレビ通販でこの商品を知り、購入しました。泡立てないタイプなので、頭皮まできちんと洗えていないようで、汗やニオイがひどい日は洗った後でも髪のニオイが気になります。それでも髪にいいということなので1本を使い切りましたが、特に髪に変化もありません。もうリピートはしないと思います。


 

 

口コミ5

 

30代 女性 販売員
1.5
髪質がクセ下なので、髪質にあったシャンプーを捜し求めています。たまたまテレビ通販でこちらのシャンプーを見つけて使用してみましたが、使用後に頭が痒くなりました。今までもクリームシャンプーは使用したことがあるのですが、これは私には合わなかったようです。


 

wenクレンジングコンディショナーの口コミ・評判まとめ

wenクレンジングコンディショナーの口コミを見てみると、「髪が洗えているか不安」と感じている人が多くいました。そのせいか、洗いあがりの髪のニオイが気になるという口コミもちらほらありました。また、香りは好評価のようで、香りに対しての悪い口コミはほとんど見られませんでした。海外のシャンプーということで香りがきついことを想像していましたが、それは違ったようです。価格は高いようで、コスパが悪いという意見が多かったです。もっと安くて良いクリームシャンプーはありそうなので、他を探してみてもいいと思います。

 

 

 

wenクレンジングコンディショナーの成分・効果を徹底解析!

wenクレンジングコンディショナー 成分

Wenクレンジングコンディショナーにはどんな成分が入っているのでしょうか。またその効果はどうなのでしょうか。徹底解析していきます!!

 

 

wenクレンジングコンディショナーの全成分
水、グリセリン、セタノール、セテアリルアルコール、アモジメチコン、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ベヘントリモニウムメトサルフェート、アロエベラ液汁、カミツレ花エキス、ローズマリーエキス、パンテノール、加水分解コムギタンパク、アーモンド油、プルヌスセロチナ樹皮エキス、PEG-60アーモンド脂肪酸グリセリル、メントール、BG、ポリソルベート60、クエン酸、香料、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン

 

 

グリセリン・セタノール・セテアリルアルコール

グリセリン・セタノール・セテアリルアルコールは、すべて油性成分です。グリセリンは昔から保湿成分として、シャンプーなどにも使用されてきました。セタノールやセテアリルアルコールは油性成分が強く、主に整髪料やトリートメントなどに使用される成分です。3つとも毒性は比較的に弱いのですが、汚れを落とすシャンプーであるという視点から考えるとあまりいい成分ではありません。

 

アモジメチコン

アモジメチコンは変性シリコン重合体という、シリコン系の成分です。安全性は高く、食品などにも使用されるほどの成分です。主に、傷んだ髪を補修する効果があり、コンディショニング剤として使用される成分です。

 

ステアラミドプロピルジメチルアミン

ステアラミドプロピルジメチルアミンは界面活性剤です。洗浄力が高いため、頭皮や髪についた汚れなどを落としてくれます。使用量によっては皮膚刺激を与える可能性がありますが、おそらくシャンプーに使用されている量は微量だと考えられますので、刺激が少ないでしょう。ただ、肌が弱い人は避けた方がいい成分です。

 

 

ベヘントリモニウムメトサルフェート

ベヘントリモニウムメトサルフェートはカチオン界面活性剤です。安全性は高く、シャンプーやコンディショナーなどによく使用される成分です。髪をサラサラにしてくれる効果があります。

 

 

アロエベラ液汁・カミツレ花エキス・ローズマリーエキス

wenクレンジングコンディショナーには髪にうるおいを与えるために贅沢にハーブエキスも使用しています。アロエベラ液汁は保湿効果に優れ、カミツレ花エキスは育毛や髪の艶出しなどに効果があります。また、ローズマリーエキスは天然成分配合のシャンプーにはよく使用される成分で、頭皮を健康にし、髪の育成を助ける効果があります。

 

 

 

その他気になる成分

wenクレンジングコンディショナーには、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノンという成分が使用されています。これらは防腐剤として使用される成分です。防腐剤はアレルギーを引き起こす可能性がありますので、使用しない方が望ましい成分だと言えます。

 

 

 

wenクレンジングコンディショナーは意外に刺激強めのシャンプーだった

wenクレンジングコンディショナーの成分を見ていくと、洗浄力が弱めのわりに刺激の強い成分を使用している印象です。シャンプーであるにも関わらず、ほぼリンスでコンディショニング効果が高い成分を多く使用しているのも気になる点です。また、シリコン成分を多く使用しているのも気になります。シリコンはすべてが悪いわけではありませんが、wenクレンジングコンディショナーに使用されているシリコンは頭皮や髪に残りやすいシリコンで、頭皮に悪影響を与える可能性があります。また、防腐剤を使用しているのも気になりますので、あまりオススメできるシャンプーとは言えません。

 

オイルの乳化力だけで頭皮の汚れがちゃんと落ちればいいのですが、落ちなければフケや痒みが出ます。もし使ってみて合わないと感じるのであればもう少し洗浄成分が含まれているクリームシャンプーが良いでしょう。

 

 

 

wenクレンジングコンディショナー4種について解説

wenクレンジングコンディショナーには髪質別に4種類のフレーバーがあります。それぞれの特徴を解説したいと思います。

 

 

アーモンド

wenクレンジングコンディショナー アーモンド

一番人気タイプですね。頭皮や髪の乾燥が気になる人向けで、アーモンドの心地よいさわやかな香りが特徴です。しっとり、つやのある髪に導いてくれます。

 

 

 

ラベンダー

wenクレンジングコンディショナー ラベンダー

髪のボリュームが気なる人向けです。フレンチラベンダーを使用しており、その香りが気持ちを落ちつかせてくれます。髪が内側からうるおうことで、髪のボリュームが抑えられ、輝く健康的な髪に仕上げてくれます。

 

 

 

ザクロ

wenクレンジングコンディショナー ザクロ

髪のツヤが気になる人向けです。ザクロのフルーティーで甘く優しい香りがリラックスをさせてくれます。大豆エキス入りで髪に栄養とつやを与えてくれます。

 

 

 

キューカンバー

wenクレンジングコンディショナー キューカンバー

頭皮の脂っぽい感じ、べたつきが気になる方におすすめです。キュウリの繊細な香りがします。頭皮のべたつきが抑えられることで、しっかりまとまる感じの仕上がりになります。

 

 

 

 

wenクレンジングコンディショナーの使い方を解説|間違えると汚れが落ちない!

wenクレンジングコンディショナー使い方

wenクレンジングコンディショナーの正しい使い方をご紹介したいと思います。

 

 

しっかりと頭皮と髪をぬらす

ぬるま湯で頭皮と髪をしっかりぬらして、汚れやほこりを取り除きます。しっかりと予洗をした後に、適量のwenクレンジングコンディショナーを手のひらにとります。ちなみにクリームはたっぷり塗って洗うのがおすすめです。

 

  • ショートヘア:10~16プッシ程
  • ミディアムヘア:16~24プッシュ程
  • ロングヘア:24~32プッシュ程

 

 

髪全体にもみこむ

頭皮から毛先までしっかりもみこみます。この際に、髪を擦り合わせるのではなく、やさしくもみこみましょう。一度にたくさんの量を使用するより、2回に分けてた方がより髪にもみこまれます。また、少量のぬるま湯を加えて、もみこんだwenクレンジングコンディショナーを髪全体に均一にいきわたらせるとより効果的です。

 

 

頭皮マッサージ

頭皮にwenクレンジングコンディショナーをなじませた後、3分から5分おきます。その間に指の腹を使って頭皮のマッサージをするとより効果を感じることができます。

 

 

しっかり洗い流す

ぬるま湯で洗い残しがないように、しっかりすすぎます。しっとりさせたいからと言って、クリームを残したままにすると逆効果なので、しっかりすすぎましょう。

 

 

 

wenクレンジングコンディショナー|楽天・アマゾン・市販(薬局・ドラッグストア)・公式サイトで価格比較

wenクレンジングコンディショナー価格

wenクレンジングコンディショナーはどこで購入するのが一番安いのでしょうか?楽天やアマゾン、公式サイトなどの価格を比較したいと思います。

 

 

楽天市場
  • 3,394円(税込)、送料無料

 

 

アマゾン
  • 3,394円(税込)、送料無料
  • 定期コースは3,055円(税込)、送料無料

 

 

市販(薬局・ドラッグストア)
  • 販売無し

 

 

公式サイト
  • 初回セット 4,212円(税込)、送料別

※クレンジングコンディショナー2本、リペアリングジェル、トリートメントオイルのセット

 

 

 

公式サイトは特典がいっぱい

価格をそれぞれ見ていくと、1本の単品で購入するなら楽天やamazonでも金額は変わりません。なので1本だけ購入するのであればどこから買っても同じです。しかし、オススメしたいのが公式サイト。初回セットというのが用意されていて、これが、特典が盛りだくさんなのです。1本の値段に約1000円プラスすることで、季節限定のクレンジングコンディショナーがさらに1本ついてくるだけではなく、トリートメントオイルやリペアリングジェルもついてきます。せっかく購入するなら特典がいっぱいな公式サイトで購入するのが一番オススメです。

 

 

 

まとめ|洗浄力が弱めだが、刺激は強い

wenクレンジングコンディショナーの口コミや成分を解析した結果、洗浄力は弱めで、刺激は強いということが分かりました。クリームシャンプーは、確かに洗浄力が弱い部分がありますが、これは極端に洗浄力が弱いようです。実際に口コミにも「洗えているか不安」、「ニオイが取れていない」などの意見が多く、このことも洗浄力の弱さがあらわになっています。

 

また成分から解析してもステアラミドプロピルジメチルアミンという刺激の強い成分も使用しているだけでなく、頭皮や髪に残りやすいシリコンも入っています。それ以外にも防腐剤や香料も入っている点も気になります。他のクリームシャンプーに比べても値段も高いようなので、他のクリームシャンプーを探したほうが賢明かもしれません。

 

 

 

 

wenクレンジングコンディショナー以外で人気のクリームシャンプー

人気クリームシャンプー

オススメ度

わたしのきまり

クレムドアン

エデンの女神

405クレンジングコンディショナー

ミツイハーバル頭皮ケアシャンプー